フォト
無料ブログはココログ

« 遅めの夏休み | トップページ | ずっと座っていました。 »

2009年9月 9日 (水)

過払金返還請求

今日は、「過払金返還訴訟」があって、簡易裁判所に出廷しました。

業者側から、和解の申し入れがありましたが、条件が合わず和解は不成立。

口頭弁論は終結して、次回、判決です。

当方の主張が認められることになるかと思います(勝訴になります)。

消費者金融業者やカード会社の同様の事件(「業者事件」呼びます。)が、同じ法廷内で、立て続けに行われるのですが、他の事件を担当している、弁護士・司法書士・裁判官、それに業者側の言葉から感じるのは、

 「業者側がかなり態度を硬化させており、今までの様に有利な内容の判決をもらったり、和解をすることが難しくなって来ている」

 と言うことです。

 「呈示される和解条件が厳しい」

 「訴訟まで提起しないと和解できない」 

 「訴訟をわざと遅延させるような行動を取る」

などなど・・・

過払金返還請求や貸金業法の改正で、業者側の財務状況が悪化しているが、大きな要因です。

特に、大手「A社」「T社」は財務状況が厳しいと言われています。

依頼者には、手続きに手間取ることや、過大に期待を持たせるような事を言うのを避け、今まで以上に腰を据えて対応する必要がありそうです。  

小田桐士事務所のHPはこちら

« 遅めの夏休み | トップページ | ずっと座っていました。 »

債務整理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過払金返還請求:

« 遅めの夏休み | トップページ | ずっと座っていました。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31