フォト
無料ブログはココログ

« 雨の日は外食?弁当? | トップページ | すた丼 その2 »

2009年11月12日 (木)

住民票の取得

住民票を取りに区役所に行きました。

少額訴訟の送達の関係で、裁判所から被告の住所の確認を求められたからです。

しかし、「職務上請求書」は持って行きませんでした。

司法書士は、業として仕事の依頼を受けたのであれば、本人でなくても住民票や戸籍を取得できる「職務上請求書」を使って、住民票などを取得します。

今日は、職務上請求書の代わりに

 ・「訴状の受付書(裁判所が訴状を受けつけたことがわかる事件番号の記載のあるもの)」

 と

 ・「訴状の控え」を持って行きました。

どうしてかというと、仕事ではなく、自分が原告となっているからです。

登記費用を払ってくれない方がいるので、どうしようもなく訴えを提起しました。

残念なことです。

一般人は、委任状を持参しなければ他人の住民票を取得できませんが、裁判を起こした場合は、「利害関係人」として、他人の住民票を取得することができる場合があります。

今回が、そのパターンです。

費用を先に預からなかったのが悪かったのかも知れませんが、なんでもかんでも先に預かれる訳ではありません。

余計な手間と費用がかってしまうことは、勉強代と考えるしかないです?

裁判を起こしたからと言って、登記費用が回収できる保証はありませんので。

小田桐士事務所のHPはこちら

« 雨の日は外食?弁当? | トップページ | すた丼 その2 »

裁判業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住民票の取得:

« 雨の日は外食?弁当? | トップページ | すた丼 その2 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31