フォト
無料ブログはココログ

« 火打山・妙高山 登山① | トップページ | 異常に暑い。 »

2010年8月13日 (金)

火打山・妙高山 登山②

2日目は、6時15分に山小屋を出発。

太ももが張り、久しぶりにリュックをしょったため腰が痛い。

出発前に小屋で水を補給し、昼の弁当をもらいます。

妙高山まで約3時間の登り。

夜半に雨が降ったようで、ガスっています(東京は雨だった

ようですが)。

天候を心配しつつ、妙高山を目指します。

30分もするとガスがとれ、夏の空が顔を出します。

自然とテンションもUP。

昨日登った火打山を背に、妙高山を目指します。

妙高山の登りもかなりの急登。

そう簡単には頂上にはつけません。

息をあげながら、3時間15分くらいかかって頂上へ。

2010080814010000_2_5

今日も夏の雲がかかり、完全な360度の眺望とは言えません

でしたが、遠くは北アルプスの山並みも見ることができます。

↓ 北アルプス方面

2010080814010000_2_7

頂上で、早めの昼食で一休み。

ここから下山先の燕温泉までがきつかった。

約3時間の下り。

山登りは下りの方が明らかに脚にきます。

ずっと下ってくると膝が笑い、脚ががくがくに。

それでも、休み休み、目指す燕温泉に到着。

無事、登山終了です。

2010080814010000_2_9

喉がからからで、お店で買った冷えたコーラがうまかった。

バスが来る前に、日帰り入浴で汗を流します。

ちょっと鄙びた温泉街ですが、非常に良いお湯でした。

そして、風呂上がりに近所の商店で飲んだ生ビールの

味は別格。

久しぶりに夏の青空と、雲をゆっくり見た気がします。

下界では余裕なく生活していることを実感します。

緑に囲まれ、花を愛で、土のにおいを嗅ぎ、鳥のさえずり

を聞きながらの良い夏山登山でした。

そういえば、最近話題?の「山ガール」はあまり見かけま

せんでした。

アクセスが悪いので、高尾山や富士山の様には来られない

でしょう。

そして、ちょっと笑い話にならない話が・・・・

火打山からの下山中に、左脚の靴のソールがはがれてきま

した。

ゴムが劣化したのです。

2年ぶりの登山で、しっかり山靴をチェックしなかったのが

まずかった。

山小屋で針金と、予備でもってきている靴ひもを使い、山靴

をぐるぐる巻に。

1時間ごとにまき直し、なんとか下山。

2010080814010000_2_8

足下が悪ければ、一歩間違えると大けがにもつながります。

反省反省。

新しい山靴を買います。

小田桐士事務所のHPはこちら

« 火打山・妙高山 登山① | トップページ | 異常に暑い。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、火打、妙高は良い山ですね。両山を縦走して燕温泉に泊まったことを思い出しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火打山・妙高山 登山②:

« 火打山・妙高山 登山① | トップページ | 異常に暑い。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31