フォト
無料ブログはココログ

« 年度末なので | トップページ | 権限外行為に該当して »

2014年3月11日 (火)

保全取消とか申し立てるのか・・・

HPを見て、相続のご相談に来られた方の案件。

10年前に亡くなったお父さんの相続登記。

相続登記は、まあ無事にできるとして。

謄本を取得してみてみると・・・

1.昭和52年の条件付所有権移転仮登記

1.昭和52年の仮差押

1.昭和44年の根抵当権

が着いている・・・・

根抵当権は、おそらく返済が済んで、銀行から抹消

書類もらったのに、手続きをしなかったものと想定。

おそらく問題ない。

条件付所有権移転仮登記は、親族が設定したらしい。

高齢だがまだ話ができそうとのことで、これも何とか

なりそう。

問題は、仮差押・・・

実家にあった書類を見ると、その後、手形訴訟を起こ

され、分割でを支払いをしていた様子。

債権者である法人は平成1年に解散済み。

さて、どうする。

保全取消とか申し立てるのか・・・・うーん勉強が必要。

登記簿をきれいにするには、時間と手間がかかりそう。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら                

« 年度末なので | トップページ | 権限外行為に該当して »

相続・遺言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保全取消とか申し立てるのか・・・:

« 年度末なので | トップページ | 権限外行為に該当して »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31