フォト
無料ブログはココログ

« 静かな?環境での仕事 | トップページ | 目が疲れた・・・ »

2014年8月14日 (木)

所有者不明の森林や農地が

今朝の日経新聞に、相続時に登記手続がされず

に所有者が不明の森林や農地が、2050年まで

に最大で57万ヘクタールとなる見込み、と出て

いました。

57万ヘクタールの大きさがイメージできないが、

かなりの広さなのでしょう。

記事には、明治時代の所有者から名義変更が

されていない謄本の写真がでていました。

私も、相談者の方から、曾祖父が登記名義人

となっている山林があるが、どうしようもない

(相続登記ができない)、という話を聞くことが

たまにあります。

曾祖父となると、相続人が何十人にもなり、

連絡がつかない相続人がいたり、高齢で痴呆

になっている相続人がいたりするために、

遺産分割協議ができないのが、一つの要因。

また、山林を相続してもその処理にこまるので

積極的にもらいたいと動く相続人がいない、

というのも一つの要因。

空き家問題もそうですが、何か政策的な解決

を目指さなければ、状況はますます悪化をする

だけです。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

« 静かな?環境での仕事 | トップページ | 目が疲れた・・・ »

相続・遺言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 所有者不明の森林や農地が:

« 静かな?環境での仕事 | トップページ | 目が疲れた・・・ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31