フォト
無料ブログはココログ

« どうして事前に預かれないのだろう? | トップページ | 犯罪発生率が下がるのでしょうね。 »

2016年5月20日 (金)

遺留分の問題が生じそう。

自筆証書遺言の検認とその後の手続について

のご相談。

遺言書は封印されているので、まだ内容がわから

ないのですが、遺言者の生前の話から想定すると、

遺留分の問題が生じそう。

かなり相続税評価の高い不動産があるんです。

その一方で現金が少ない・・・・

裁判所の検認手続まではしばらく時間があるので、

 ・税理士に相続財産の試算をしてもらい
 
 ・遺留分の額を算定し

 ・現金で支払えるか検討し
 
 ・不足の場合はその対応を検討する

というところです。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成28年版)」発売中★★

« どうして事前に預かれないのだろう? | トップページ | 犯罪発生率が下がるのでしょうね。 »

相続・遺言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遺留分の問題が生じそう。:

« どうして事前に預かれないのだろう? | トップページ | 犯罪発生率が下がるのでしょうね。 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31