フォト
無料ブログはココログ

« 登記六法の平成29年版 | トップページ | デフォルト »

2016年11月 4日 (金)

良くあるケースではありますが、かなり不親切。

知り合いの方から電話が・・・

「司法書士から遺産分割協議書に印鑑を押印して、

印鑑証明書と一緒に送って欲しい」という郵便が来たけど

どうすればよい、との話。

良くあるケースではありますが、以下の問題があります。

相談者の父親は離婚後に再婚。

相談者側の子供(兄弟姉)が3名。再婚側の子供が1名。

亡父の腹違い兄弟姉妹4名(3名と1名)が相続人となります。

再婚側の子供が、前婚側の親族と疎遠であるため、連絡が

とれず司法書士が職務上請求で住所を調べて、協議書を

送ってきましたのでしょう。

自宅くらいしか財産がないので協議に応じて欲しいとの

ことなんのですが、遺産分割協議書に署名捺印してしまうと、

父の相続を承認したことになり、あとから借金ができてても

相続放棄をすることができません。

司法書士としては、債務がないものとして協議書の押印を

求めていますが、100%の確証はないはず。

書類の送付状や協議書には債務のことは一切記載されて

いません。

相談者は不動産を相続する気もない、揉める気もないそう

です。

私からのアドバイスは

 ・財産が気になるなら亡父の財産や債務一覧を出してもらう

 ・金銭の分配を求める気がないから、さっさと相続放棄を
  するのが賢明

というものです。

これから兄弟姉で相談するとのことでした。

実務上、上記の様にいきなり協議書を郵送して押印を求める方法

を取る方がいますが、相続放棄という面からは、一般の方には

かなり不親切な方法と感じます。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成28年版)」発売中★★


« 登記六法の平成29年版 | トップページ | デフォルト »

相続・遺言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良くあるケースではありますが、かなり不親切。:

« 登記六法の平成29年版 | トップページ | デフォルト »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31