フォト
無料ブログはココログ

« 「登記六法」の平成30年版 | トップページ | 「詳細登記六法」の平成30年版 »

2017年10月24日 (火)

持分だけでも買い取ります

不動産売買は、所有権全部を売買(移転)するのが原則です。

全部の所有権を持たないと買った側は、転売したり、土地の

上に家を立てたり、他人に貸して賃料収入を得たりが、できない

あるいはやりにくなるからです。

一方、持分だけを売買することもあります。

地上げが典型例です。

持分を取得することで、他の共有者に働きかけて、物件を売却

して持分に応じた売買代金を手に入れたい、という例もあります。

最近では電車内にも「持分だけでも買い取ります」という不動産

業者の広告を目にします。

今回やった決済ではその不動産業者が絡んでいました。

不動産を共有でもっているのですが、現在不動産に住んでいる

方と他の共有者の仲が悪く、その共有者が自分の持分を上記

電車に広告をだしている業者に売却しました。

持分を取得した業者は「共有物分割」訴訟をを起こしました。

共有状態を解消したい、という趣旨の訴訟ですが、業者としては

 ・業者が取得した持分を他の共有者に高く買い取ってもらう

 ・不動産全部を売却し、持分に応じた売買代金をもらう

のどちらかを意図しています。

結局、他の共有者の方は弁護士に間に入ってもらい、業者から

持分を買い取りました。

その他、いろいろあって今回不動産を売却することなり、私が決済

を担当しました。

事前に物件の登記簿謄本をみて、怪しい感じがあったので、上記を

売主さんに聞いてみて、実際のところを教えてもらえました。

売主さんは業者よりも、業者に持分を売った他の共有者(親族です)

のことを痛烈に非難していました。

共有で物件を所有していると、こんな争いになる可能性がある、という

典型のような実話でした。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成29年版)」発売中★★


« 「登記六法」の平成30年版 | トップページ | 「詳細登記六法」の平成30年版 »

不動産登記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持分だけでも買い取ります:

« 「登記六法」の平成30年版 | トップページ | 「詳細登記六法」の平成30年版 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31