フォト
無料ブログはココログ

« 雑務が溜まる | トップページ | 種類株式に悩まされています・・・ »

2018年3月14日 (水)

相続法制の改正になります

民法改正案が国会提出。

と各新聞にでていました。

相続法制の改正になります。新聞や雑誌などでもかなり

取り上げられていますが、

 ※「配偶者の居住権」

 ※「法務局での自筆証書遺言の保管制度」

あたりは司法書士業務に影響ありそうです。

特に、配偶者の居住権については、登記が対抗要件となっており、

不動産登記法が一部改正がされます。

 ①存続期間
②第三者に居住建物の使用又は収益をさせることを許す旨の
  定めがあるときは、その定め

の登記が必要とされます。

この登記を自分が実際に受託するのは何年後になるでしょうか?

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成30年版)」発売中★★

« 雑務が溜まる | トップページ | 種類株式に悩まされています・・・ »

相続・遺言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相続法制の改正になります:

« 雑務が溜まる | トップページ | 種類株式に悩まされています・・・ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31