フォト
無料ブログはココログ

« 1週間で、高校関係の飲み会が3件。 | トップページ | 水膨れを作ることに »

2020年2月14日 (金)

「持分」買い取ります、

最近「持分」買い取ります、という不動産業者の広告をよく

見かけます。

事務所にFAXやDMも届きます。

通常は、持分だけ買い取ってもあまり意味がないのですが、

この手の業者は、共有者の一部から持分を買い取り(持分

だけでは流通性がないので当然低額です)、他の共有者に

高く買い取る交渉をしたり、交渉がうまくいかないと、

共有物分割訴訟を起こします(途中で和解をしないと、

最終的には不動産を売って持分に従い代金を分配すること

になります)。

訴訟を起こされた方は、そこに住んでいる場合はとても

厄介です。

先日の不動産の売主も上記のように、他の共有者が持分

を業者に売ったため、結果として、共有物分割訴訟になる

ゴタゴタがあったそうです(登記簿を見ればその経緯を

察することができます)。

相続も増えるので、こんな案件を目にすることが多くなる

かもしれません。

相続を放置しているうちに相続人が大勢になった場合とか、

実家を子供たちが法定相続で登記をした場合、とかに

見受けられるように思われます。

 

 

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(2020年版)」発売中★★

★★「株式分散」問題と集約をめぐる整理・対策ポイント(平成30年7月版)」発売中

« 1週間で、高校関係の飲み会が3件。 | トップページ | 水膨れを作ることに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1週間で、高校関係の飲み会が3件。 | トップページ | 水膨れを作ることに »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31