フォト
無料ブログはココログ

裁判業務

2017年5月17日 (水)

今日は東京簡裁で、訴訟代理のお仕事。

今日は東京簡裁で、訴訟代理のお仕事。

敷金返還請求事件でしたが、私は訴えられている

大家側の被告代理人。

被告側の答弁はかなり難しい。

ある程度の裁判例があるので、それとは事案が異なる

ということを主張しましたが、平成17年の最高裁判例

をもとに、ある程度裁判所内の運用が決まっているとの

ことで、司法委員からかなり厳しいことを言われました。

和解で解決しましたが、こちら側としては当初予定よりも

厳しい内容でした。

ただ、今日の司法委員の方は簡裁の裁判官を25年

務めた方で、敷金返還事件もそれなりに担当してきた

とのことで、為になるアドバイスも頂きました。

私の依頼者にとっては酷な結果だったのですが、当初から

裁判所に当方の主張は認めてもらうことはできない案件

だったということです。

通常の登記の仕事は違う、疲労感、徒労感が残りました。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成29年版)」発売中★★


2017年5月 8日 (月)

答弁書の作成

久しぶりの訴訟の代理人に就任。

たくさんの資料を見ながら答弁書の作成。

GWは答弁の作成に2日費やした(涙)。

なんとか完成にこぎつけた!

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成29年版)」発売中★★

2015年11月10日 (火)

ダメ元で、再度、銀行へ債権執行してみるかな?

7年くらい前に会社設立の登記をしたが、登記費用を

踏み倒されたことがあります。

自宅まで行っても、マンションがオートロックで中に

入れない。

欠席裁判で確定判決まで取りましたが、銀行への

債権執行は口座が空で駄目でした。

確定判決とったので時効まで10年あります。

なんとなく会社謄本取ってみたら、本店移転していました。

代表者は変更なし、でも住所移転登記が入っている。

何らかには会社を使っている様子。

時効まであと数年。

ダメ元で、再度、銀行へ債権執行してみるかな?

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成28年版)」発売中★★

2014年1月15日 (水)

和解で終結

久しぶりにとある簡易裁判所へ。

午後の法定でしたが、事件は自分たちの1件のみ。

報酬支払請求です。

初回の口頭弁論だったので、すぐに終わることも

想定していましたが・・・・

結局、休憩を挟み、1時間40分くらいかかって、

和解で終結。

「向学のために同席したい」ということで原告が

出廷してくれなければ、今日は和解になることは

なかったでしょう。

裁判長からの書証に関する指摘も含め、いろいろ

と勉強になる案件でした。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

2014年1月14日 (火)

今年初めての裁判業務

明日は今年初めての裁判業務。

郊外の簡裁で口頭弁論です。

債務整理業務がなくなって(うちの事務所は)、

裁判所に行く機会がめっきり減りました。

しばらく間が空いたので、資料を見て事実関係

を再確認しておこう。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

2013年10月24日 (木)

「ホストクラブの料金を請求されている」

HPを見たと言って、問い合わせがありました。

「売掛金の相談」とのことだったのですが。

内容は、

 「ホストクラブの料金を請求されている」

 「請求書はもらっていない」

 「回収を任されたという人から連絡がくる」

 「実家にも連絡されて困る」

というもの。

売掛金というか、買掛金ですね。

金額が140万円を超えていたし、妙な回収屋?

もでてくるので、弁護士さんを紹介しました。

もし、金額が140万以下だったら受任できた

だろうか?

いろいろと調べたりはするだろうけど、事件の

落としどころに見当つかない。

相手の出方次第でしょうか?


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

2013年10月 4日 (金)

ケアレスミスや勘違いばかりで、恥ずかしい。

某簡裁に提出した、支払督促の申立書。

書記官から、記載内容の問い合わせがあり、

かなりの駄目だしをされました。

ケアレスミスや勘違いばかりで、恥ずかしい。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

2013年10月 1日 (火)

ストーリーで識る中小企業支援のススメ

「市民と法」という業界誌があります。

今月号の特集は
 
 「ストーリーで識る中小企業支援のススメ」

です。

その特集の、ひとテーマについて、執筆依頼

があり、

 「中小企業支援からみた裁判関係業務」

というテーマで、寄稿しました。


20131001181142_00001

「裁判業務」といっても、「売掛金回収」が主な

テーマです。

しかも「中小企業支援」がテーマなので、具体

的な裁判手続よりも、中小企業との関わり方

が中心になっています。

先ほど、編集者が謹呈分を数冊持ってきて

くれました(自分でも年間購読はしているの

ですが)。

ちょっとニッチな内容ですが、「中小企業支援」

のひと場面として参考になると幸いです。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

2013年9月 5日 (木)

今日は、裁判関係業務デーです。

午前中は、売掛金回収の相談。

建物リフォーム工事に関する設計費用関係の

トラブルです。

あまり細かく書けませんが、内容がちょっと

複雑で、先行に不透明感あり。

少し時間が掛かりそうです。

そのまま受任して、手続開始です。


夕方からは、久しぶりに東京司法書士会の

無料相談の担当となり、四谷の司法書士

会館へ。

今日の私の担当は、「訴訟関係」。

今のところ、1件の予約が入っている様子。

今日は、裁判関係業務デーです。

Muryousoudan

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

2013年2月 7日 (木)

カメラ片手に歩き回ると、

明日は、裁判関係業務のために都内

某所に現地調査へ。

相手方が居住しているかを確認してくる

必要がある。

カメラ片手に歩き回ると、変な人と勘違い

されるので、注意しなければ。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31