フォト
無料ブログはココログ

債権譲渡・動産譲渡登記

2014年10月 2日 (木)

事前提供方式による債権譲渡登記・動産譲渡登記

地方の司法書士事務所から、債権譲渡登記と

動産譲渡登記の復代理の依頼がありました。

この手続き、最近制定された「事前提供方式

での申請です。

登記データを事前に送っておいて、申請書や

添付書類を後日提出するものです。

この方式のメリットとしては

・事前にシステムが形式的なエラーをチェック
 してくれる

・データ内容につき事前相談の希望があれば、
 登記所が事前相談をしてくれる

・ネッ上で、処理状況の確認ができる

・債権譲渡登記、・動産譲渡登記は当日に申請が
 受理され、登記まで完了するので、今までであると、
 データに間違いがあった場合に、当日中に修正が
 できないと申請ができず、融資実行の不都合となる
 場合があったが、その恐れがなくなる

などがあげられます。

その他、「二次元コード記載用紙」「事前提供番号

等を記載したお知らせ」の申請書の添付、など

通常の手続きと異なる部分があります。

東京にいるとなかなか使う機会もない制度かも

しれません。

遠方の方には有益な制度です。

勉強になりました。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

2013年10月 2日 (水)

私は、最後にチェックをするのみ・・

動産譲渡登記の準備。

動産の個数が200個ほどあります。

エクセルデータを加工して、業務用ソフトに1個

づつコピペして、登記用のデータを作ります。

ちょっと手間の掛かる作業ではあります。

でも、私が手を出さなくても、スタッフの皆さん

が法務局とのデータ内容の調整や、依頼者との

打ち合わせをして、登記データや書類を作成して

くれるので助かります。

私は、最後にチェックをするのみ・・

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

2013年3月19日 (火)

債権譲渡登記のご相談でご来所。

HPより問い合わせ。

債権譲渡登記のご相談でご来所。

相談者は、ある会社から融資を依頼されて

いるとのこと。

相手方は財務状況が良くなく、不動産も持っ

ていないので、売掛債権を担保にしたいと

考えて、債権譲渡登記を検討しているとの

事。

・二重譲渡の調査

・債務不履行になった時の回収方法

・破産した場合に否認されるか・・

・登記手続や費用

など相談を受けました。

金融円滑化法も3月までなので、これから

資金繰りに苦労する企業がでてきます。

債権譲渡登記や動産譲渡登記を活用する

場合は増えてくるかもしれません。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

2012年9月28日 (金)

9月終了です。

9月最終日は、午前中に不動産の決済。

昼に戻り、急いで動産譲渡登記のデータ作成。

昨晩、一通り作ったデータを法務局にチェックして

もらい、指摘のあった箇所を依頼者と相談しながら

確認。

当初、動産個数は300個弱でしたが、いくつかの

修正が入り、結局は339個に。

事務所で、依頼者からもらったエクセルの資料を

データ作成ソフトにコピペなどして作成。

つまりはすべて手入力。

データ入力、チェック、修正、再入力、再チェック、

再修正・・・とトータルで10時間くらいかかったで

しょうか?

非常に時間と手間とストレスのかかる作業でした。

なんとか、「午後4時51分」に登記申請。

概要証明書を取得できたのは、「午後5時30分」

過ぎ。

無事に依頼された業務は終了。

ホッとしました。

----------------------

今日で9月も終了。

月末に仕事が固まった月でした。

もう直ぐに年末だ。

あと3ヶ月頑張ります。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら

2012年9月26日 (水)

月末直前に、動産譲渡登記の依頼。

月末直前に、動産譲渡登記の依頼。

また、数百個のデータを手入力する必要があり

そう・・・・

忙しいときに限って、手のかかる仕事の依頼が

来る。

余裕のあるときに来てくれればよいのに・・・

小田桐司法書士事務所のHPはこちら

2012年9月 6日 (木)

トマトを担保に動産担保融資

トマトがダイエットで注目されている様ですね。

先日の日経新聞に、トマトジュースなどで有名

な「カゴメ」について、

 「トマトを担保に動産担保融資を利用して、

 資金調達」

との記事がありました。

今回は、畑にあるトマト自体ではなく、工場で

加工をしたトマトペーストを担保にする様です。

10億円の借入をするとのこと。

上場企業が相手なので、ある程度の信用で

貸し出しをしている側面があり、トマトペースト

を10億円と評価した訳ではないでしょうが、

動産担保融資=動産譲渡登記が上場企業

でも利用されてきました。

こんな新聞やTVで取り上げられる案件を実際

に担当できれば、経済活動に直結する仕事を

している意識が持てて楽しいのでしょうね。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら

2012年8月20日 (月)

動産担保融資被災地で拡大

今朝の日経新聞に

  動産担保融資被災地で拡大

との記事がありました。

被災地では路線価が急落するなど不動産の

担保としての評価が不十分なケースが増え

たため、ABLの手続きを利用する中での、

動産担保融資が増えているとの事です。

どんな動産が担保とされているかというと

 ・クレーン

 ・鋼材
 
 ・肉牛

 ・業務用冷蔵庫

 ・機械設備

といったものです。

仙台銀行は子牛を担保に3億円を貸した出した

とのこと。

来年3月には中小企業円滑化法の期限が切れる

ことになります。

動産担保融資の活用で、破綻を回避できる中小

企業もでて来るはず。

動産担保融資がますます広がることを望ます。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら

2012年7月25日 (水)

MOディスクで渡して良いですか?

債権譲渡登記の譲渡人(の担当者)から

 「データをMOディスクで渡して良いですか?」

との問い合わせ。

「MOディスク」なんて久しぶりに聞いた。

以前は、MO用の外付ディスクがあったはずだけど、

どこに閉まったか覚えていない。

アタフタと探してやっと発見。

動作確認もOKだったので、MOディスクでデータを

預かることに。

会社のシステムなんかの関係なのでしょうが、今

どきMOディスクとはちょっと珍しい。

**********************

このMOディスクも、当然ながら、出始めの頃はとても

珍しいものでした。

まだ事務所勤めをしていて、東京法務局が竹橋に

あった頃・・・15年くらい前かな?

商業登記の目的変更の依頼がありました。

追加する目的のなかに、「MOディスク」という言葉

が入っていました。

まだ「MOディスク」というものがそんなにメジャーで

はなかった頃なので、わざわざ東京法務局まで事前

相談に行ったことがありました。

相談した担当者も「MOディスク。なにそれ?」

という感じでしたが、

 ・「MOディスク」を説明している「現代用語の基礎知識」
  のコピー

 ・「MOディスク」の実物

を持って行って説明をして、なんとか了解してもらった

ことがありました。

懐かしい記憶です。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら

2012年3月29日 (木)

動産譲渡登記のデータが できあがらない。

同じネタが続き恐縮ですが・・・・

動産譲渡登記のデータができあがらない。

今日は、タクシー帰りかな?

小田桐司法書士事務所のHPはこちら

この記事はfacebookに転記しています

2012年3月27日 (火)

とりあえず1件は目処が立った。

動産譲渡登記のデータ作りしています。

とりあえず1件は目処が立った。

動産の個数は30個。

業務用のソフトを使って、手入力をするのですが、30個

程度なら、まあなんとか。

もう1件、来る予定があるのですが・・・・

当初動産の個数を30個程度と聞いていたいに、今日に

なって300個になりそうとの事。

なんで10倍になるんだ?

諸事情あり、今から見積りをやり直すことができない。

力業でデータを作るしかないなあ(涙)。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら

この記事はfacebookに転記しています

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30