フォト
無料ブログはココログ

債務整理

2014年7月 8日 (火)

第4回中間配当のお知らせ

第4回中間配当のお知らせ、が届きました。

破綻した株式会社SFCGの破産財団からの

破産債権の中間配当です。

破産債権は数十万円ありますが、今回の配当

率は0.8%なので、戻ってくるのは数千円です。

現在、債務整理業務はほぼやっていない状況

ですが、SFCGや武富士については、細々と

過払い金が返還されています。

あと何回の配当があるのだろうか?

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

2014年3月14日 (金)

でも10秒くらい。

債務整理で有名な某事務所。

TVやラジオでCMを流し、スポーツ新聞や日刊紙

に債務整理の公告を載せています。

たまたま乗った電車の隣に座っていた人が、某

スポーツ新聞のこの事務所の債務整理の公告を

「じっと」見ていました。

でも10秒くらい。

自分が該当するのか、しないのか?

宣伝文句にちょっと気になっただけか?

は定かではない。

最近は、電車内で債務整理の公告を見ることは、

めっきり少なくなりました。

費用対効果がわかりませんが、公告を出し続けて

いるということは、まだ潜在的なニーズがあるので

しょう。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら                

2013年2月 4日 (月)

そんな時にご紹介するのが、信用情報機関です。

債務整理や相続の相談を受けていると、相談者や

亡くなった方の債務がどのくらいあるかを調査した

方が良い場合がでてきます。

そんな時にご紹介するのが、信用情報機関です。

ここに照会をすると、クレジットやローンの契約や

申し込みに関する情報、クレジットやローンの

返済情報といった信用情報を開示してくれます。

相続人が亡くなった方の情報を開示することも

可能です。

主な信用情報機関は

1.全国銀行個人信用情報センター
   主に銀行関係、クレジット会社

1.(株)日本信用情報機構
   主に信販会社、消費者金融、カード会社
  
1.(株)シー・アイ・シー
   主にクレジット会社、貸金業者、カード会社
 

です。

個人的には、シー・アイ・シーを紹介することが

多い気がします。

ただ、個人間の貸し借りや上記機関に加盟をして

いない業者(闇金など)の借入は当然、わかり

ませんので注意が必要です。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

2013年2月 1日 (金)

しばらく債務整理の仕事をしていませんでした

しばらく債務整理の仕事をしていませんでした

が、立て続けに

 ・任意整理

 と

 ・過払金回収

のご依頼が。

以前、債務整理をしたかた方からの紹介と、

何度か商業登記関係の仕事している方からの

ご依頼。

最近入ったスタッフの中には、債務整理業務を

やったことがない者がいるので、ちょうどよい。

生きた題材で仕事をするのが一番よい勉強に

なる。

もちろんしっかり依頼に応えます。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

2013年1月10日 (木)

「カワキタ」という個人名での振り込み

数年前に任意整理を受託した方。

債務を数十回の分割で支払う和解をしました。

無事に支払いは完了。

しばらくして、和解した相手のアイフル社から

「5000円多く支払われたので、返金します」

との通知が。

お客様の返金口座を回答する必要があるので

すが、通帳に振り込みされるる際の振込名義人

の記載をチェックする欄があって、

 □ アイフル(カ

 □ カワキタタイチ

 □ カワキタヒトミ

と3つの中から選択できます。

家族などに知られたくない方を考慮して、会社

名義ではなく、「カワキタ」という個人名での

振り込みが選択ができるのでしょう。

しかも、男性と女性を選べる。

きっと、最初は「アイフル(カ 」での振り込み

しかできず、クレームがあって対応したもの

かと。

でも、どうして「カワキタ」なのか、その理由が

知りたい・・・

小田桐司法書士事務所のHPはこちら

2012年10月11日 (木)

とんだとばっちりです。

某消費者金融からの電話。

数年前に任意整理をした方がいるのですが、

この方の先月の入金が確認できていないとの

こと。

要は、「入金がないから払うように催促をして

くれ」という電話。

実は、先月も同じ電話がありました。

こちらの方、毎月5000円の支払いをしてます。

連絡をしてみると、毎月ちゃんと支払いをして

いるとの事。

先月も、その前の月も。

どうやら、消費者金融側のシステムの理由で、

着金が確認できていない様です。

今まで問題ないのに、なんだここ2ヶ月だけ

駄目なのでしょう?

電話で説明してもラチがあかず・・・・

ちゃんと5000円の振込の際の利用明細を

保管していたので、これをFAXしました。

あとは、消費者金融からの連絡まちです。

ちゃんと支払っている側からすると、とんだ

とばっちりです。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら

2012年9月19日 (水)

4センチくらいの束が送られてきました。

知り合いの方から、「引き直し計算をして欲しい」

との連絡。

カード会社に「リボ払い」で返済しているけど、

残額が全然減らないらしい。

自分で「取引履歴(今までに使った金額、返済した

金額、ショッピングで使ったものの明細)」を取り寄

せたから計算して欲しいとのこと。

宅急便で、4センチくらいの束が送られてきました。

20年分くらいあります。

でもほとんどが「ショッピング」の明細。

「キャッシング」の計算書は10枚くらい。

引き直しで減るのは主に「キャッシング」分。

グレーゾーンといわれる高い金利を支払っていた

時期があり、計算しなおして現在の正しい残額を

計算します。

残額が0となり、さらに払いすぎていた金額が

でてくると、「過払金」として返還してもらいます。

さて、どれだけ残額が減るでしょうか?


小田桐司法書士事務所のHPはこちら


2012年7月23日 (月)

都庁で無料相談担当でした。

今日は都庁で無料相談担当でした。

通常は、四谷の司法書士会館でやるのですが、

たまに都庁での相談員担当が回ってきます。

ここでは、「貸金被害無料法律相談」という、

いわゆる「クレサラ(クレジット・サラ金)」の相談

を受けます。

と言っても・・・

四谷に比べると、あまり相談者はやってきません。

個人的には、3回やりましたが、1人の相談者

を担当したのみ。

隣に弁護士さんのブースもあるので、そちらに

相談する方が多かったりします。

結局、今日も相談者無し・・・

ちょっと徒労感。

今日は朝から外出だったので、これから仕事を

片付けます。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら

2012年6月28日 (木)

「第2回 中間配当のお知らせ

破綻した(株)SFCGの破産管財人から

 「第2回 中間配当のお知らせ」

が来ました。

本来ならば戻ってくるはずの過払金が

破産債権とされ、その債権額について、

1年前の第1回目の配当が、2%。

そして今回の配当が、3%。

2回合わせて5%です。

10万円の破産債権であれば、5000円。

戻って来ないよりはましですが、配当率は

良くありませんね。

破綻してしまったので致し方ない。

あと何回の配当があるのでしょうか?


小田桐司法書士事務所のHPはこちら

2011年8月29日 (月)

自己破産に関する業務が終了

依頼されていた自己破産に関する業務が終了。

無事に、免責決定がでました。

依頼者はとてもしっかりした女性です。

第一印象は、「なんでこんな方が」という感じ。

ケガとか家族の問題がなければ借入が増える

ことはなかったはずです。

いろいろと重たいモノを背負ってきました。

少し話を聞いただけではわからない、辛い事も

多かったと思います。

経済的再生とともに、心穏やかな暮らしも取り

戻して欲しいものです。

小田桐士事務所のHPはこちら

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31