フォト
無料ブログはココログ

成年後見

2018年10月19日 (金)

成年後見関係の研修

雨が降ってきました。

夜は成年後見関係の研修。

これでやっと必要な単位がとれるので、名簿登録の更新ができる。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成30年版)」発売中★★

★★「株式分散」問題と集約をめぐる整理・対策ポイント(平成30年7月版)」発売中★★

2018年8月28日 (火)

無事に契約できたよかった。

今日は某老人ホームに、公証人さんに来てもらい、

「委任契約(財産管理)兼任意後見契約公正証書」の作成に

立会ました。

委任者父、受任者息子。受任者母、受任者息子。という2本の

契約を同時に作成します。

ご両親が90歳近くなので、公証人もゆっくり丁寧に進めます。

途中質問なんかで、話しが頓挫して、なかなか進まなかった

りしたのですが、結局、2時間係って完成しました。

高齢のご両親が良く2時間お話を聞いてくれました。

終わった頃には夕食の時間。

食堂まで見送って、ホームを退所。

無事に契約できたよかった。

ちゃんと説明をしてくれた公証人にも感謝。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成30年版)」発売中★★

★★「株式分散」問題と集約をめぐる整理・対策ポイント(平成30年7月版)」発売中★★

2018年6月18日 (月)

ゴミ屋敷状態

後見業務の依頼を受けた方の自宅へ。

残念ながら、いわゆる「ゴミ屋敷状態」。

半年人が住んでいない。

いずれは売却すると思われるが、その前に不要なモノを

処分しなければ・・・・

さあ大変。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成30年版)」発売中★★


2018年4月 4日 (水)

後見関係の相談

今日は、茨城県某市で遺言書の書きかえや任意後見の

ご相談。

その後、埼玉県川口市で、親の法定後見、自分の任意

後見、空き家の管理等に関するご相談。

珍しく、後見関係の相談が重なっております。

4月初旬は少し落ち着けるかと思っていましたが、上記

案件、速やかに進めるためにちょっと慌ただしくなって

おります。

資料が足りなすぎる。かき集めなければ。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成30年版)」発売中★★

2017年7月 5日 (水)

成年後見制度利用しない55%

今朝の日経新聞に

  成年後見制度利用しない55%

との小さな記事。

認知症などの家族の金銭管理を手伝った人のうち、

成年後見制度を知っているが、利用するつもりのない

人が 55.4% に上るとのこと。

ちなみに、利用を検討している人が22.8%

実際に利用している人が6.4%    との事。

実務をやっていると、まさにこの数字通りの印象です。

一般的に聞かれるのは、

 ・裁判所への申立が面倒

 ・選任された後の金銭管理を厳密にやるのが面倒

 ・年1回の裁判所への報告が面倒

 ・専門家が後見人となると、払う報酬がもったいない

という感じです。

どうしても「横領」の問題がでてくるので、ある程度は

裁判所の監督も必要となるのですが、まだまだ利用が

進んでいない実情がありますね。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成29年版)」発売中★★

2017年2月 8日 (水)

「親族後見人を後押し」

今朝の日経新聞に

 「親族後見人を後押し」

との記事。

本来成年後見制度を利用できる、利用すべき方が

約900万人程度いるとされているが、実際に利用

されているのは2%にしかすぎない。

司法書士、弁護士、社会福祉士という専門職後見人

は人数の限界がある。

そのためには、

 「成年後見制度をメリットがあるように改善」

 「地域での支援体制つくり」

 「不正防止の徹底」

が必要としてます。

ただ、多かれ少なかれ、性悪説に立って、だれかの

管理監督が必要となるところが難しい。

AIでも活用して不正が無くなるように出来ないだろうか?


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成29年版)」発売中★★

2016年10月28日 (金)

朝から成年後見の研修(涙)。

月末の一週間が終わったところですが、明日の土曜日

は朝から成年後見の研修(涙)。

2年に一度、リガールサポートの会員の更新が必要なの

ですが、研修を受けて所定の単位を取らないと行けない。

指定の研修を含め12単位。

12時間分の研修に参加するイメージです。

普段の研修にでていない私のような会員向け?に、

まとめて実施される今回のような研修に参加しないと、

単位が集められない。

明日は、1.5時間の研修が3コマなので、4.5単位が

取得できます。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成28年版)」発売中★★

2016年7月20日 (水)

日経新聞に「任意後見の利用法」の記事

今朝の日経新聞に「任意後見の利用法」の記事が

でていました。

最近、利用が増えているということです。

当然といえば当然なのですが、記者の方は、上手

に制度の説明をしています。

ちょうど、任意後見制度を利用するか否かの案件を

抱えているところ。

ご本人とよく話をします。


小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成28年版)」発売中★★

2016年5月12日 (木)

財産を相続人に引き継げました。

やっと2月に亡くなった成年後見をしていた方の

財産を相続人に引き継げました。

相続人が地方に多かったので、調整に時間が

かかりました。

裁判所などに終了報告して、業務完了です。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成28年版)」発売中★★

2016年5月10日 (火)

結果は・・・「意思能力なし」と判断。

ご高齢者が売主の決済。

売主さんが施設に入っているので、売買契約の締結前に

意思確認をして欲しいとのご依頼。

結果は・・・「意思能力なし」と判断。

売主さん、買主さん、ともに売買を進めたい訳ですから、

その場の雰囲気が暗く、気まずくなります。

何度か経験していますが、嫌な瞬間です。

親族の方の「コミュニケーションが取れる」と売買契約で

必要な「コミュニケーション=意思能力」は、かなり異なる

ものです。

一般の方からすると、成年後見制度については
 
 ・選任まで時間がかかる

 ・お金をしっかり管理する必要がでてきて面倒

 ・裁判所への報告が面倒

 ・監督人を付けられたら面倒

 ・監督人の報酬を払うのが嫌だ

というマイナスの印象が多い様に感じます。

「施設に支払う費用のために売却したかったけど」

「相続になるまで待つか?」などと言われてしまうと

辛いものがありますが、致し方ないです。

これも仕事です。

成年後見申立書作成の依頼が来たら、速やかに

手続を進めます。

小田桐司法書士事務所のHPはこちら。

相続の名義変更専門サイトはこちら

★★「詳細 登記六法(平成28年版)」発売中★★